10万円以上損をする売り方

MENU

10万円以上損をする売り方

輸入車を売る時、10万円以上損をする売り方・・・それはディーラールートと個人売買ルートです。

 

ディーラーは安全性こそ抜群に高く、信用して取り引きすることができる反面、下取り価格の低さはびっくりするレベルです。担当者に見て貰う前に、車無料査定サイトで最新相場価格を調べてみて下さい。

 

下取り価格として提示される金額と、専門業者が算出する平均相場との間に10万円以上の差額が生じることも珍しくありません。

 

中古車を売っている外車ディーラーの展示場に出掛けたことがある方なら、車無料査定サイトの平均買取金額よりも下取り価格がぐっと落ちる理由を納得しやすいかもしれません。

 

とにかくどの車もピカピカで、本当に細かい傷までパーフェクトに直してから販売していることが分かります。

 

こういったメンテナンス代まで考慮して古い車を買い取る為、どうしても安く下取りせざるを得ません。新車でも購入してから3年も経ってしまえば、どんな高級外車でも「買い叩かれている」と感じるほど良い値段をつけては貰えません。

 

残念ながら外車の賞味期限は短い、ということは頭に入れておきましょう。

 

一方、個人売買ルートもリスクが高過ぎる売却方法です。手放したいタイミングで良心的な買い手が現れ、高値を提示してくれれば最高の売却ルートとなりますが、大揉めに揉めたあげく最終的に交渉が決裂することも。

 

故障や名義変更の拒否など取り引き後のトラブルで、結局お金を支払って貰えない最悪の事態に陥ってしまったら、損失は10万円どころではありません。車を騙し取られてしまったケースも報告されています。

 

いずれにしても車無料査定サイトで相場価格を把握しておくことが大切です