個人売買のメリットとデメリット

MENU

個人売買の良い面悪い面

車の個人売買は良い面と悪い面がはっきりしている売却方法ですが、良い値段で取り引きできる可能性を秘めている反面、リスクも高いのでうかつには手を出さない方が無難です。

 

個人売却ルートはディーラーや専門業者に引き取って貰うよりも多額の現金を手にすることができる確率が高く、普通なら値がつかないような車種でもびっくりするぐらい高い値段で売れることも。

 

需要と供給が見事にマッチングすることが条件となりますが、車無料査定サイトで愛車の相場価格を知り「外車なのに・・・」とがっかりし個人輸入ルートを検討するオーナーも少なくありません。確かに自分の車に安い値段がつけられることほど、辛いことはありません。

 

ただし、個人間のやり取りではお店で取り引きする時のように、正式な契約書を交わしません。その為、諸々のトラブルに巻き込まれやすいのも事実です。名義変更に応じない、不具合による苦情、お金の揉めごと・・・。

 

車を引き渡してすぐ「故障した」とクレームが入るケースも多発していますが、お互いに理不尽な思いをしますよね。本当に故障した場合でも売った側からしてみると「乗り方が悪かったのではないか」と疑ってしまいますし、買った側も騙されたと怒りを感じています。

 

知人に車無料査定サイトで調べた大体の値段よりも高い値段で引き取る、と言われても、いざ交渉段階になり交渉が決裂することも珍しくありません。

 

こういったややこしい事態になることがない専門業者やディーラーの方が、安心して取り引きすることができるのではないでしょうか。もし個人売買ルートを利用する場合も、車無料査定サイトで最新の相場価格を頭に入れた上で交渉に挑みましょう。